楽しみ方

子供のいる友人たちでも気軽に参加できる結婚式の二次会はどのような内容がいいでしょうか。

投稿日:

子供のいる友人たちでも気軽に参加できる結婚式の二次会はどのような内容がいいでしょうか。

二次会に子供が参加するのを躊躇する人も多いです。

結婚式は子供も多く参加し、花束を新郎新婦に贈呈したり出し物をしたりと何かと活躍してくれることも多いです。しかし結婚式の二次会になると結婚式の終了後に行われることも多く、どうしても夜になってしまう可能性が高いことから子供の参加は躊躇されるものです。中には子供がいることを理由に二次会を欠席する人もいて、出席者が減ることもあり新郎新婦が残念がることも多いです。

二次会のプランナーに相談して子供が参加しやすい内容にすべきです。

結婚式の二次会は一次会よりもしきたりにこだわらないことが多い分、お酒が入って子供がいる場としてはふさわしくない状況になりがちです。しかし子供がいる友人が多いのであれば、極力子供に配慮した二次会をして子供たちが出席しやすい内容にすべきです。
例えば飲食のメニューに子供向けのものを増やしたり、ゲームをする時に子供向けの景品を用意したり子供が眠たくなった時のための休憩室や遊べる別の部屋を用意するなどして子供が参加しやすい内容にすべきです。

会場にベビーシッターの派遣をすることも可能です。

また乳児などまだ小さい子どもの場合には二次会に連れて参加することが難しい場合もあります。この場合にはあえて二次会の会場にベビーシッターを派遣してもらい、別室で子供を預かってもらうことも可能です。
費用はベビーシッターの派遣会社にもよりますが、だいたい1回の派遣で2万~3万円程度となっていて事前に預ける人数がある程度わかっていれば予算に応じた派遣会社を手配してもらえます。

-楽しみ方

Copyright© 結婚式二次会の楽しみ方とは , 2020 All Rights Reserved.